自分ではわからないいびきについて【予防して改善していこう】

  1. ホーム
  2. 女性の体調不良

女性の体調不良

レディ

バランスを整えるための薬

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。それぞれのホルモンが排卵や月経などによりバランスよく増減することが本来望ましいとされています。このバランスが整っている場合には、体調もよく妊娠もしやすい状態となります。しかし、これらの女性ホルモンの動きが崩れてしまっている場合には月経のタイミングで体調不良や痛み、精神的な不安やイライラといった症状が現れることがあります。このような症状を改善したり女性ホルモンを増やす目的で、さまざまな薬も市販されています。またあまりにも症状がひどい場合には医療機関を受診することもひとつの選択と言えるでしょう。市販されている薬はハーブを用いているものもあり、また更年期向けや若い方向けといった利用目的別のものもあります。

月経前症候群

女性ホルモンのバランスが崩れることで月経前や月経期間中に肉体面や精神面で不調を抱えることがあります。これは月経前症候群と呼ばれるもので、顕著に表れるのは月経前ですが人によっては排卵日前後にもそのような諸症状が現れる方もいます。このような症状がある方は、卵胞ホルモンまたは黄体ホルモンのいずれかの減少によりホルモンバランスが崩れてしまっている可能性があります。そうした方は意識的に女性ホルモンを増やす行動を取っていくことで、症状が緩和されるかもしれません。まず、どちらのホルモンを増やすべきなのか症状をよく見極めることが大切です。通常の月経前症候群ですと、卵胞ホルモンを増やすことで症状の改善が期待できます。